top of page

​ツアーコード: ATS-11 プライベートツアー/日本語ガイド付き

サンボープレイクック遺跡群、アンコール時代の大橋コンポンクディ+ローカール市場見学 一日帰りツアー

サンボープレイクック遺跡群・について

サンボープレイクックはアンコール(クメール)王朝から遡ること数百年、古代国家「真臘(しんろう)」時代の遺跡であるサンボープレイクック遺跡群。森の寺院と称されるサンボープレイクック遺跡群は、数々の貴重なレリーフと共に木々のなかで今もひっそりと佇んでいます。「真臘(しんろう)」とは6~8世紀頃に存在した古代国家で、7世紀初頭に「イシャナプラ」を首都として栄えたといわれ、サンボープレイクック遺跡群はその当時の建築物と考えられています。

​※ アンコール時代の石橋

シェムリアップから6号線をプノンペン方面に1時間ほど進んだところにあります。アンコール時代に建てられましたが、今までキレイに残っています。この石橋はスピアンプラップトゥフというカンボジア語には「方向を告げる」という意味になって、現地では一般的にスピアン・コンポンクディと呼ばれています。現在車の通行は禁止となっていますが蛇のレリーフがあしらわれたその橋の堂々たる様は必見です。

スケジュール

ツアー料金

1名様~2名様⇒220$(SUVレクサス)

3名様~4名様⇒250$(スタレックス)

旅行代金に含まれるもの

+ツアー料金に含まれるもの 日本語ガイド+車付き
+観光中に冷たいお水と冷たいおしぼりを提供いたします。 

旅行代金に含まれないもの

+ 遺跡入場券と食事代はツアー料金には含まれていません。ご理解のほどよろしくお願いします。

サンボープレイクック遺跡入場券は10ドル

お問い合わせ・ご相談・ご予約

お問合せ、お見積り他、企画旅行の旅程のご提案など無料でご案内しています。LINE、メールまたはお問い合わせフォームよりご連絡ください。海外からお問合せのお客様にはLineでのお電話も対応しています。

bottom of page